近年、企業の投資価値を測る評価項目として、非財務情報である環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の要素への注目が高まっています。2021年6月には、日本のコーポレートガバナンスコードが改訂されました。プライム市場上場企業においては、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)またはそれと同等の国際的枠組みに基づく気候変動開示の質と量を充実させることや、サステナビリティについて基本的な方針を策定し、自社の取組みを開示することが求められています。

こうした中で、企業によるSDGsへの取組みは、株式市場での企業の評価や資金調達にも大きな影響を与える要因になりつつあります。SDGsに取り組んでいることがプラスになる時代ではなく、今や、SDGsに取り組まない企業は、社会的課題解決への責任を果たさない企業とみなされる時代になっています。口先だけで、実態が伴わないのにSDGsに取り組んでいるように見せかける「SDGsウォッシュ」になっているとすれば、企業にとって大きなリスク要因といえます。

VAインターナショナルでは、顧客の製品やサービスの強みや特徴を深く理解した上で、SDGsに貢献する具体的な活動をご提案するとともに、その活動について社内外に積極的な情報発信を行うことで、社内での認知、理解を促進し、顧客のブランディングに強力に貢献します。